BOJ Top  早慶Top  History  展望・注目選手  Image   過去の特集ページ/05 06
  Bチーム戦   OB戦   女子戦   男子戦  Interview  Photo/OB戦/男子戦     


 早稲田大


早稲田大の特徴は豊富なフォワード陣にある。ガードの前川をのぞけばほとんどが190cm前後と平均的な高さがあり、慶應大に対しては優位だ。更に4年生がほぼ全員主力であるということも頼もしい。早慶戦では大観衆の前に緊張してしまう選手が少なくない。下級生は雰囲気にのまれる傾向にあるため、安定感のある上級生の存在は何よりも大きく、春の様子からしても早稲田の強さは揺るぎない。難点を強いてあげればほとんどがフォワードの選手であるということだろうか。オフェンス力は高いがバスケットではバランスも大事。コントロール次第では崩れることも考えられる。

 

  菅川浩樹
(主将・4年・PF・187cm)


今年早稲田大の主将としてチームを率いる。身体能力の高いオールラウンダーで、常にチームを叱咤激励し、ガッツあふれるプレーを見せる。早慶戦前に教育実習に入っておりチーム練習は不足している。影響が出るかどうかが気になるところだ。
      前川貴宏
(副将・4年・G・177cm)

副将であり、チームの司令塔。豊富な運動量と大事な時にはアウトサイドも決める。もう1人のガードである木下(4年・G)がトーナメントで負傷し出場できないため、プレイングタイムは長くなるだろう。
 
 

近森裕佳
(4年・F・191cm)


早稲田のエース。鍛え上げた体と頭の良いプレーが持ち味で。アウトサイドも得意なオールラウンダー。シュートが入り出すと止まらない印象がある。慶應大にとっては近森に対するディフェンスをどうするか、頭を悩ますところであろう。

   

加藤亮平
(4年・F・188cm)


長身から繰り出されるシュートは早稲田大にとっては大きな武器。速攻でも先頭をきって走る。木下の欠場でスタメン出場も考えられる。

 
 

風間俊亮
(4年・F・189cm)


アウトサイドの打てるフォワード。トーナメントでも大事なシュートを決めて躍進に貢献した。

     

赤沼悠
(3年・F・190cm)


ワンポイントの出場ながら確実に仕事をこなせる“仕事人”フォワード。流れを変える時には大事なプレイヤー。

 
 

山田純也
(2年・F・189cm)


高い能力とセンスを持ち合わせる早稲田の次期エース。昨年はケガのため不出場、今年が初めての早慶戦出場となる。

           
 
 慶應義塾大

慶應大も早稲田大と同じく、主将・加藤、副将・小松、香川など下級生時より試合に出場してきた選手たちが中心になる。昨年ルーキーで大活躍した小林にも期待がかかる。しかしインサイドが1年生であり、まだチームとしての経験が浅いなど不安要素は多い。特に早慶戦は4年生でも緊張する舞台だ。しかし1週間前の新人戦ではベスト16で敗退したものの、1年生が慶應大の根幹を成す「粘り」のバスケを披露。上級生を驚かせてもいる。慶應のスタイルは決してあきらめないで食らいつく姿勢。これが発揮されれば勝利を呼び込むことは決して難しいことではないだろう。
 

加藤将裕
(主将・4年・G・180cm)


慶應大の司令塔。2年時よりスタメンガードとしてチームをコントロールしてきた。高いキープ力とディフェンスに注目したい。生え抜きの内部生であり、早慶戦は本人にとってもひときわ思い入れの強い舞台。最後に花を咲かせられるか。

   

小松誠也
(副将・4年・G・184cm)


慶應のガッツマンといえばこの人。シックスマンとしての登場が多いが、頭が良く合わせのプレーには必ず絡んでくる。4年生の意地を見せたいところだ。

   
 

香川隼人
(4年・F・187cm)


得点源の一人であり、最後の早慶戦に賭ける意気込みは強い。香川が内外でオフェンスを仕掛けられれば慶應大には有利になるだろう。ディフェンスにも定評があり、相手エースを押さえ込むことが期待される。

青砥宗一
(3年・F・186cm)


高さはないが、強靱な肉体とパワーでゴール下の競り合いに参加する。センターが1年で不安要素があるため、青砥の活躍が大きな鍵になるだろう。

   
 

小林大祐
(2年・GF・188cm)


次期エースとして慶應大のオフェンスをリードする。春から絶好調とは言い難いが、小林の爆発力が勝利を左右することは間違いない。

岩下達郎
(1年・C・205cm)


竹内公輔の跡を継ぐ慶應大のルーキーセンター。シュート、ブロックは上手いが選手としてはまだこれから。早慶戦の大事な舞台でポテンシャルを示すことができるかどうかを見守りたい。

   
 

酒井祐典
(1年・F・185cm)


昨年度の主将・酒井泰滋の弟であり、そのセンスは兄に劣らないものを見せている。ようやく大学の試合に慣れてきたのか、いい動きを見せるようになった。

二ノ宮康平
(1年・G・171cm)


インターハイ得点王の肩書きを持つルーキー。大学のサイズの違いに慣れない部分はあるようだが、思い切ったプレーを期待したい。シュートだけではなく、並ならぬパスセンスにも注目。

         
 

(C)copyright BOJ 2003-2007