●BOJ SHOKING

「BOJショッキング」は現役
選手の友達の輪をたどってイ
ンタビューを敢行する試みで
す。「え?この人からあの人
?」といった紹介があるかも
しれません。どのような交流
の輪が続いていくのか、お楽
しみに。

●LINE UP

2006年度
vol.1 高久順(法政大)
vol.2 酒井泰滋(慶應大)
vol.3 正中岳城 (青山学院大)
vol.4 喜多川修平(専修大)
vol.5 竹野明倫 (大東文化大)
vol.6 眞庭城聖 (日本体育大)

※文中の所属や経歴はインタビュー当時のものです。

 

 
 


自分が点を取るスタイルじゃなくてもチームはうまく回ると再認識

B:日本のバスケがもっと盛り上がって欲しいと私たちは感じていますが、竹野選手は現状どう感じていますか?
「うーん、日本代表でいうと、なんでもっと攻めないんだって思うことがあります。それはそういうオフェンスなのか攻められないのか分からないけど」

B:世界バスケを見た限りではそうそう簡単ではないなという気がしましたが。もっと攻めるバスケだったら代表も面白い?

「−と、思いますけど。偉そうですみません。でも代表が頑張ってくれたらその下にいる選手たちもやりやすいですよね…って他力本願ですけど(笑)。でも高校では人気があるのにその上になるとなくなるのは何なんだろうって」

B:あまり認知されていない部分はやっぱりありますね。大学でバスケをやっている感覚がない。
「高校の時あれだけたくさんの人が見に来てくれていた訳じゃないですか。その選手が大学に行ったらファンの人も追いかけないのかな?」

B:追いかける人もいるし、例えば大濠高校なら大濠高校のファンとしてそこに止まる人もいるのでは。
「なるほど」

B:これは一つの考え方ですが、そこを引っ張ってきてくれる魅力を個々の選手が持っていればいいなと思いますけどね。
「大濠に止まらせずにってことですね。そうかー」

B:話は変わりますが竹野選手はいつからバスケットを?
「小3からです。小学校の時は全国に行きました。中学も全中で3位、そこから大濠です」

B:ずっと全国区ですね。高2のウインターカップで活躍した時は話題になりましたよ。小さい頃からここまで続けてきた訳ですが。

「そしてずっとちっちゃいままです(笑)」

B:そんな竹野選手にとってバスケの面白いところは?
「…あんまり考えたことがないですね。うーん、1on1の時相手がオドオドしてたら面白いから?(笑)いや、まあそれは冗談としてもバスケ自体面白いですよ」

B:1対1の方が好きなんでしょうか。点を取るのが好きに見えますが。

「実は今年の夏に地元に帰ってミニバスの時の監督と飲んだんですよ。そしたら俺が小学生の時は『元々はお前が点を取るんじゃなくて、攻めて、パスを回してそこからいい流れができよった』って言われたんですよ。俺が点数を取るようになったのは中学の先生が教えてからだって。『お前はそういう(パスとかの)プレイでも存在感があるから大丈夫』と言われて、夏の合宿からは何か変わったと言えば変わったかもしれません」

B:今までそう感じたことはなかったんですか。
「なかったです。でも大濠の時もよく考えてみたんですよ。家に帰ってビデオを見たら、やっぱりパスを回している部分もあるんですよね。その時もリズムいいし、点も取れているんです。やっぱりそうなのかなと思いましたね」

B:これまで得点を取るイメージが私たちにもありましたが、少し考えが変わった感じなんですね。
「意識するようにはなりました。でも1対1は好きですけどね(笑)」

次のページへ

 

   


コートで指示を出す。上級生になってその姿も板についてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

(C)copyright BOJ 2003-2007