●BOJ SHOKING

「BOJショッキング」は現役
選手の友達の輪をたどってイ
ンタビューを敢行する試みで
す。「え?この人からあの人
?」といった紹介があるかも
しれません。どのような交流
の輪が続いていくのか、お楽
しみに。

●LINE UP

2006年度
vol.1 高久順(法政大)
vol.2 酒井泰滋(慶應大)
vol.3 正中岳城 (青山学院大)
vol.4 喜多川修平(専修大)
vol.5 竹野明倫 (大東文化大)
vol.6 眞庭城聖 (日本体育大)

※文中の所属や経歴はインタビュー当時のものです。

 

 
 


B:これまででどの試合が印象に残っていますか?

「1年生の入れ替え戦が1番印象に残ってます。東海とやったとき。あの時が1番やばかったですね。1戦目6点差くらいで負けて、2戦目で10点差くらいで勝って。あの時はまだ得失点差だったからギリギリ勝ったけど、もし今のルールで3戦目やっていたら多分負けていたし(笑)。ほんと法政って運があるんですよね。くじ運とか。そういう面で恵まれていて、なんだかんだ1部にいる、なんだかんだベスト4に入っていたり面白いなって思いますよね(笑)」

B:最近は安定してきてる感じがしますよね。
「そうですね。でも『このメンバーでこの結果?もっとやれるだろう』って声は聞きますけど、実際うちは爆発力を売りにしているから、セットプレーとかは苦手だけど速い展開になればめっぽう強い。でも今年はまだ崩れないなって思います。10点差くらい開いたこともまだないし、高さがある分リバウンドが強くなったのかなと思います」

B:これからもバスケットに関わっていきたいと考えていますか?
「なんだかんだバスケは続けていくと思いますね」

B:続けていく上で、日本のバスケット界がこうあってほしいという願いなどはありますか?
「上手い選手はもっと海外にチャレンジするべきだと思いますね。オリンピック出れないのは寂しいですよね。女子は出れるから人気があるんだと思うし」

B:バスケットのレベル向上も大事ですが、他にどのようにしたら人気が出ると思いますか?

「メディアですかね。バスケットを観にいこうって思わないでしょう」

B:観に行けば楽しいんですけどね。
「そうそう。ストーリートとかは見ていて楽しいし、行こうって思えるんですよね。パフォーマンスがすごくて、観たいなって思えるんですよね。選手がどれだけ動くかだと思います」

B:盛り上げるために高久選手自身ができることって、何がありますか?
「とりあえずダンクすれば盛り上がりますよね(笑)。今のチームで言えば、信平とかは大宮さん(大宮宏正・元専修大)みたいなアリウープとか出来るし、絶対盛り上がると思いますよ。そういう面では法政は絶対面白いとおもいますよ」


気分転換は音楽。
「ターンテーブルいじってる自分がかっこいい(笑)」

B:バスケット以外の趣味はありますか?
「ヒップホップとか好きですね。レコード買って家でガンガンにします。ターンテーブルいじってる自分がかっこいいなって(笑)」

B:自己満だったり(笑)?

「かなり自己満なんですけど、勝手に思い込んでいます」

B:バスケットファンに一言お願いします。
「法政大学を応援してほしいですね。絶対に楽しいバスケをするんで」

B:この企画が某バラエティーのテレフォンショッキングを参考にしているんですね。次に誰かを紹介してもらいたいんですが、この人の話を聞いたらおもしろいという選手はいますか?
「同じキャプテンとして結構話したんですけど、酒井くん(酒井泰滋・慶応義塾大・4年)。あいつは面白い。沢山引き出しありますよ」

B:どのようなこと聞いたら面白いですか?
「私生活とか聞いたら面白いんじゃないですか。オフに何しているとかみんな気になりますよね。お前何してんの? とか選手同士でも聞き合うし。プライベートが知りたいです」

B:では、次回は慶應義塾大・酒井泰滋選手です。高久選手、ありがとうございました。

次のページへ

 

   

京王電鉄杯、アップの一コマ。鬼ごっこなど楽しみながらのアップの様子は法政大の面白さの一面かも。

 
   

京王電鉄杯、酒井選手とのマッチアップ。試合中は笑顔で言葉を交わす場面も見られた。
 
   
 

(C)copyright BOJ 2003-2007