●BOJ SHOKING

「BOJショッキング」は現役
選手の友達の輪をたどってイ
ンタビューを敢行する試みで
す。「え?この人からあの人
?」といった紹介があるかも
しれません。どのような交流
の輪が続いていくのか、お楽
しみに。

●LINE UP

2006年度
vol.1 高久順(法政大)
vol.2 酒井泰滋(慶應大)
vol.3 正中岳城 (青山学院大)
vol.4 喜多川修平(専修大)
vol.5 竹野明倫 (大東文化大)
vol.6 眞庭城聖 (日本体育大)

※文中の所属や経歴はインタビュー当時のものです。

 

 
 


バスケット優先の生活。
でも、バスケが好きだからいいんです。

B:少し私生活のお話を。オフの日は何をしていますか?というより、青学にオフはあるんですか?
「無いことはないですけど、無いですね(笑)。あれば体を休めることしか考えられないです。出来れば私生活にバスケットボールを持っていきたくない。バスケットから離れる為の気分転換だったり、どっかブラブラ買い物に行ったり、飲みに行ったり。体も精神的にも休むことを考えています。特に何をしてるというか、まちまちです」

B:バスケット以外に好きなことや趣味ってありますか?
「バスケに打ち込んでいるって言う感じではないですけど、何をするにも優先されます。明日練習があるとなると、友達と夜中までわいわいすることも出来ないし。バスケが好きだからそれでいいんですけど。その他に趣味と呼べるものはないですね」

B:大学生活を振り返ると、やっぱりバスケットですか?
「最初に出てくるのはそれになりますね。バスケットを取ったとしても何か残るようにこの4年間はやってきましたけど、バスケットが一番大きかったのは確かです。それに賭ける気持ちや時間もかなり費やしてきたと思うんで。それくらいでなくては困りますよ」

B:ではそろそろ次の人を紹介してもらいましょうか。
「じゃあ、スプリングキャンプで一緒だった喜多川(専修大・3年)で。別にベタベタ付き合いがあったわけではないですけど、彼も全国で活躍したりして推薦でがっつりやってきた選手じゃないと思うけど、それでもあれだけ活躍してきてる。自分としても一緒にやりたかった選手だったので、スプリングキャンプで出来て面白かったんで、彼の話を聞いてみたいなと思います」

B:では、次回は専修大・喜多川修平選手にお願いします。正中選手、ありがとうございました。
(2006.6.24インタビュー)

次のページへ

 

   


地元での教育実習から帰ったばかりだったという正中選手。教えた科目は体育ではなく、公民。

 

 

 

 
 

(C)copyright BOJ 2003-2007