●BOJ SHOKING

「BOJショッキング」は現役
選手の友達の輪をたどってイ
ンタビューを敢行する試みで
す。「え?この人からあの人
?」といった紹介があるかも
しれません。どのような交流
の輪が続いていくのか、お楽
しみに。

●LINE UP

2006年度
vol.1 高久順(法政大)
vol.2 酒井泰滋(慶應大)
vol.3 正中岳城 (青山学院大)
vol.4 喜多川修平(専修大)
vol.5 竹野明倫 (大東文化大)
vol.6 眞庭城聖 (日本体育大)

※文中の所属や経歴はインタビュー当時のものです。

 

 
 


プレーを続ける限りは最大限の努力を。
それができる選手でありたい。

B:大学は青山学院大ですが、選んだ理由というのは?
「バスケットを続けるところまでは考えてなかったんです。国体があるんで3年生の中で一人チームに残って練習していて、ラッキーもあってウィンターカップに出られたんですよ。そういったことでもう少しバスケットを続けてみてはということになって、今に至るんです。しっかり考えた結果続けましたが、辞めていた可能性も大きかったです」

B:高校から大学に上がるにあたって、バスケットに対する考え方など変わると思うんですよ。正中選手はどのように変わりましたか?
「チームでは“指導者”と“選手”という関係になることです。高校までは“教師”と“生徒”という関係だったと思うんですけど、大学では監督と選手ということでもっとドライな関係になるし、やることをやらないと出られない。わかりやすいですよね。やることやって練習して努力しないと試合に出られない。そういう面では“出たい”という気持ちで練習を積んでいけたというのは、大学という世界ならでは。こうした環境でバスケットをしていく中で努力していくことを覚えました」

B:大学に入り、ポジションも1番となったことで、バスケットの見方も変わったのではないでしょうか?
「そうですね。昔の自分のプレーを見ていると『これはちょっとないな』って思いますし(笑)、かと言って今のプレーを先の自分が見たら同じように思うんでしょうけど。他のポジションの人より勉強しなくちゃいけないし、どのポジションよりも練習では積極的にコミュニケーション図ったり、一番しんどいことをやらなくちゃいけないポジションだと思うので、チームで一番タフじゃないといけないと思います。それは精神的にも体力的にも。そういう気持ちでやっていますね」

B:1、2年の頃は長谷川監督にすぐ交代させられて色々指導されている姿が目に付きました。厳しいことを言われていたのでしょうか。
「周りが思っているほどでは。出してもらえる機会が与えられない選手もいるし、フロアに立てるってだけで自分にとっては良かったし、教えてもらえるということが嬉しかったです。あそこまで踏み込んでしっかり指導してくれる監督はなかなかいないと思うし、こんだけ熱いチームでやれるということは自分でも合っていたと思います。もっともっと上手くなりたい、勉強したいという気持ちがあったんで良かったです」

B:1番のポジションになってから学ぶことが多いと言う話ですが、その中で特に影響を受けた人などはいますか?
「そりゃもう、色んな先輩方は当然ですね。名前を挙げればみんなになると思います。難しいなぁ」

B:先ほど、代表として試合をしたことで大学界をもっと盛上げていきたいと言っていましたね。私達BOJも盛り上げたいという気持ちでこのような活動をしています。正中選手はどうしたら盛り上がると思いますか?
「個人個人、事情があってバスケから離れていく選手が多かったと思うし。自分も続けてきた結果、このコートでプレーが出来ているという現実があります。辞めるという選択をする選手がいっぱいいる中で自分は続けてきて、それで立てた舞台もある。だから続けていけるような環境があればいいのかなと思います」

B:正中選手自身ができることってありますか?
「出身(校)がどこということで諦めずに続けていければいいと思うんですけど、それはチャンス与えられた奴が言えることだと思うし。わかんないですね(笑)。ただ、自分がプレーしている限りは、プレーをする為に最大の努力はしていくし、そういう選手でありたいです」

次のページへ

 

   


トーナメントにて。混戦状態でもスルリとすり抜ける身のこなしは独特。

 

 

 

 
 
 
 

(C)copyright BOJ 2003-2007