●BOJ SHOKING

「BOJショッキング」は現役
選手の友達の輪をたどってイ
ンタビューを敢行する試みで
す。「え?この人からあの人
?」といった紹介があるかも
しれません。どのような交流
の輪が続いていくのか、お楽
しみに。

●LINE UP

2006年度
vol.1 高久順(法政大)
vol.2 酒井泰滋(慶應大)
vol.3 正中岳城 (青山学院大)
vol.4 喜多川修平(専修大)
vol.5 竹野明倫 (大東文化大)
vol.6 眞庭城聖 (日本体育大)

※文中の所属や経歴はインタビュー当時のものです。


 
 


その辺をブラブラするのが好きです。
まだ数はこなしていないですけど(笑)。

B:バスケットの話から離れまして、高久選手から質問を預かりました。「オフは何をしているんですか?」だそうです。
「オフですか、これといって何も(笑)。ぐだぐだしてるって言うと印象悪いなぁ。体を休めていますと言っておきます(笑)」

B:休みのときもバスケのことは考えますか?
「考えないです。その時期によりますけど、基本的に考えてないです」

B:バスケット以外の趣味はありますか?
「趣味って言われると困るなぁ。散歩とか、その辺をブラブラするのは好きですよ。そんな数はこなしてないですけど。家の中を掃除したり。あと何やってるかな。ホント何もやってない!!(笑)オフの日何やってるんだろう?えーと、この前のオフを思い出します。昼に起きて、渋谷まで買い物に行きました。そう、一人で色々なところ歩くのは好きですね」

B:大学ではどのようなことを勉強している時が楽しいですか?
「学校行く時は凄く楽しいですね。最初の方は建築を勉強していたんですが時間をとられてしまうので、それから心理学的なことをとるようになりました。授業中に友達と話したりする時は楽しいですね(笑)」

B:ではそろそろ次の人を紹介してもらいましょうか。
「これ困りますね。2回目だからなぁ。じゃあ季相伯のメンバーで、正中(正中岳城・青山学院大・4年)」

B:では、次回は青山学院大・正中岳城選手です。酒井選手、ありがとうございました。

(2006.5.4インタビュー)

次のページへ

 

   


ドライブをかける時、チームが苦境に立っている時でも笑顔を見せる。勝負の一瞬一瞬を楽しんでいる様子が伝わってくる。

 

 

 

 
 

(C)copyright BOJ 2003-2007