●BOJ SHOKING

「BOJショッキング」は現役
選手の友達の輪をたどってイ
ンタビューを敢行する試みで
す。「え?この人からあの人
?」といった紹介があるかも
しれません。どのような交流
の輪が続いていくのか、お楽
しみに。

●LINE UP

2006年度
vol.1 高久順(法政大)
vol.2 酒井泰滋(慶應大)
vol.3 正中岳城 (青山学院大)
vol.4 喜多川修平(専修大)
vol.5 竹野明倫 (大東文化大)
vol.6 眞庭城聖 (日本体育大)

※文中の所属や経歴はインタビュー当時のものです。

 

 
 


たくさんの人に支えられているから、頑張れる

B:高校から大学に上がるにあたって、バスケットに対する考え方が変わると思うんですよ。酒井選手はどのように変わりましたか?
「高校の時は、ただバスケットをやるという感じ。自分のために。結果を残して自分が満足して、狭い範囲での喜びでした。今は、後輩とかにも言ってるんですけど、全員が喜べること。チーム一丸となって勝った時に全員で喜べる環境が理想像なんじゃないですかね。僕としては一昨年日本一になって、この気持ちをもう一度味わってもらいたいというのがあります。誰のために頑張るかといったら、チームメイト、応援してくれる人、OB、そういう人たちのため。自分のためだけじゃなくて。大学ではそういう広い喜びを見つけることが出来ました」

B:見つけることの出来たきっかけはありますか?
「これといってはないんですけど、ただ慶應大学のバスケットボール部というところに所属したことによってその意識が自然に芽生えました」

B:なぜ慶應大学だと芽生えるんですか?
「それはどうなんでしょう。よくわからないです(笑)。でも練習環境もそうですし、試合になるとOBや付属校の塾高生も来てくれますし、色んな人に支えられていると感じる場面が多いんです。だからですかね」

B:酒井選手自身はどのようなプレーヤーになりたいのでしょう?
「プレーに関しては要求されたことをしっかりやるだけだと思ってますけど、『あの人についていけば勝てる』とチームメイトに思わせるような存在感や影響力を発揮していきたいですね」

B:これからもバスケットは続けていこうと思っていますか?
「はい。関係していければいいと思っていますよ」

B:自分が続けていく中で、バスケット界がどのような環境であってほしいですか? どうしたらもっと盛り上がるでしょう。
「やっぱり、一番は強くなることじゃないですか。そこらへんは公輔さん(竹内公輔・慶應義塾大4年・現日本代表候補)にお願いして(笑)、その他の部分ですよね」

B:どんな選手でも意識するだけで、プレーに表れて見ている人を楽しませることができると思うんですよね。
「全然違いますね。僕は練習中、試合をイメージして『このシュートを決めたら目立つだろうな』って(笑)思ってやりますよ。意識高く、そういうことを練習中から考えていくことが大事じゃないですか」

B:コート外ではどうですか? 私達は今よりもっとバスケットを面白くしたいと思って活動していますが、私たちの力だけではどうしようもない部分もあります。だから選手にも盛り上げたいって気持ちを持ってもらえたらって思うんですよ。
「そうですよね、選手自身が広めていけば。だって選手はものすごい数がいて、バスケットの存在を知っている人もものすごくたくさんいる。だから面白さを広めていくことによって選手自身も見てもらえるって意識が生まれると思います。そこから技術の向上や、試合を見てもらって結果を出して更に頑張ろうって思う気持ちが芽生えるはず。お客さんにとっても『あのプレーすごいな、あいつ頑張ってるな』っていう印象を残せたらまた来てくれるだろうし、その人がまた別の人を誘って広まっていくかもしれないですからね」

B:酒井選手自身が今できることはありますか?
「僕自身ですか?かっこつけて言いましたけど、僕自身そういう性格じゃないからそんなやってないんですよね(笑)。観に来てくれる人がいることはもちろん嬉しいです。『あいつ凄いんだよ』って言われて観にきてもらうような、どっちかというとそういうタイプ。じゃあ、今度の試合では積極的にアピールして誘います(笑)」

次のページへ

 

   


集中の一瞬の表情。肩には激しいぶつかり合いでいくつもの傷ができていた。

 

 

 

 

背中で魅せる。自分より大きな相手でも大抵止めてしまう器用さは他の大型選手にはない特色だ。
 
 

(C)copyright BOJ 2003-2007