●BOJ SHOKING

「BOJショッキング」は現役
選手の友達の輪をたどってイ
ンタビューを敢行する試みで
す。「え?この人からあの人
?」といった紹介があるかも
しれません。どのような交流
の輪が続いていくのか、お楽
しみに。

●LINE UP

2006年度
vol.1 高久順(法政大)
vol.2 酒井泰滋(慶應大)
vol.3 正中岳城 (青山学院大)
vol.4 喜多川修平(専修大)
vol.5 竹野明倫 (大東文化大)
vol.6 眞庭城聖 (日本体育大)

※文中の所属や経歴はインタビュー当時のものです。

 

 
 


「もっと見たいと思われる選手になりたい」。

B:2006年は世界バスケが日本で開催されたわけですが、世界バスケは観に行きましたか?
「そうですね。中国とギリシャの試合を観に行きました」

B:世界バスケを観て感じたことはありますか?
「中国にはヤオミンがいたし、まぁ、中国が勝つんだろうなって思っていたんですよ。ギリシャは知ってる選手いなかったし。そしたら、ギリシャが勝ったじゃないですか。びっくりですよね。しかも、決勝まで行っちゃいましたからね。決勝はビデオで観たんですけど、やっぱりレベルが違うなっていうのは思いましたね」

B:世界バスケが終わってからバスケがこれまでより浸透したかなという感じはしましたか?
「大井町総合体育館の時に感じましたね。自分はまったく知られてない選手と思っていたのに、サインの列ができてましたからね(笑)。これは世界バスケの影響なのかなって思いましたね」

B:でも、まだバスケットは盛り上がることできますよね。どうすればさらにバスケが盛り上がると思いますか?
「やっぱりもっとテレビでやってほしいですよね。昔は深夜とかでもやってたんですけどね。そういうのが増えたらもっと浸透するんじゃないかなって思いますね」

B:自分自身ができることは?
「呼びかけをする場があれば、ぜひバスケを観に来てくださいって呼びかけしたいですね。それに試合中、もっと見たいなって思われる選手になることですね。自分だけじゃなくても、そういう選手がもっと増えれば広がって行くんじゃないかなって思います」

 

高校時代はモデル経験も!?

B:ちょっとプライベートな話を。高校時代はモデルをやっていたと聞いたのですが?
「いや、今も一応所属はしているんですよ。全くやってないですけどね。高校のときは暇なときにちょこちょこってやってましたね。本当にたまになんですが。結構みんなはびっくりします(笑)」

B:オフの日は何を?
「映画鑑賞とかしますね。あとは洋楽を聴いたりします。R&Bとか、ヒップホップとか。主に洋楽しか聴かないですね」

B:オフ中はバスケのことを考えたりしますか?
「しますね。夏合宿の前は結構オフがあるんですけど、今年は福岡に帰らないで、ずっとこっちでウエイトとか走ったりとかしてました」

B:オフの日はあまりバスケのことを考えないという選手も多いんですよ。
「そうみたいですね。自分でやるのは好きなんですよ。シューティングとかもめっちゃ好きです。みんなやらされるバスケが好きじゃないのかも。自分も好きではないですけど。自らするバスケは楽しいから、バスケやっちゃいますね」

B:日体の中では誰と仲がいいですか?
「宮村徹(2年)とか。学校行くときはいつも徹と一緒です。学校でも2人で行動みたいな(笑)」

B:2人とも大きいから学校内だと目立ちそうですね(笑)。
「そうですね(笑)。それはよく言われます。お互いのことも分かるし、仲良いですね」

B:ではそろそろ次の人を紹介していただきましょうか。
「じゃあ、青学の荒尾で!あいつは試合中とかはめっちゃクールなんですけど、普段はとってもハイでいいやつです」

B:では次回は荒尾岳選手(青山学院大)にお願いしたいと思います。眞庭選手、どうもありがとうございました。
(2006.10)

 

   


2006年度のリーグでは法政大相手に大接戦を演じ、ガッツポーズを見せる場面も。

 

 

 


リーグ戦で仲間のファインプレーに笑顔。
 

(C)copyright BOJ 2003-2007