●BOJ SHOKING

「BOJショッキング」は現役
選手の友達の輪をたどってイ
ンタビューを敢行する試みで
す。「え?この人からあの人
?」といった紹介があるかも
しれません。どのような交流
の輪が続いていくのか、お楽
しみに。

●LINE UP

2006年度
vol.1 高久順(法政大)
vol.2 酒井泰滋(慶應大)
vol.3 正中岳城 (青山学院大)
vol.4 喜多川修平(専修大)
vol.5 竹野明倫 (大東文化大)
vol.6 眞庭城聖 (日本体育大)

※文中の所属や経歴はインタビュー当時のものです。


 
 


下級生主体のチームでの不安。
「 でも瀬木団長が助けてくれた」。

B:大学は日体大に進んだわけですが、日体へ進学した理由は?

「関東ってレベルが高いじゃないですか。だから、その高いレベルでやりたかっていうのと、他のチームからも誘いは来ていたんですけど、その中でも日体は伝統校で有名だったし、そういうところでやってみたいと思ったから、日体に決めました」

B:実際に入ってみていかがでしょうか?
「やっぱり厳しいです。色んな決まりとかもありますし、厳しいですね。そういうところだからこそ成長できることもあって、精神面と体力面では大分成長したと思います」

B:バスケットをするにはいい環境ですか?
「とてもいいですよ。体育館も綺麗だし、近いし」

B:2005年は上級生が主体だったのに対し、2006年は下級生が主体となってチームの状況は大分違うと思いますが。
「そうですね。去年は上級生がいて、自分たちがいたっていう感じでしたが、今年はほぼ下級生主体ですからね。去年までは、先輩が『思いっきり打て』って言ってくれたので、自分も何も考えずに思いっきり打っていましたけど、今年はそういうわけにはいかないし」

B:同じ2年生であっても、他のチームの2年生と比べて責任感もありましたよね。
「意識は違うかもって思いますね。気持ちの面でもだいぶ違いますね。自分がやらなきゃっていう気持ちがありますね」

B:精神的にも不安など、大変な部分はありましたか?

「そうですね、まだ2年目ですからね。特に1年生で出てるやつは初めてのリーグだし、もっと大変だと思います。でもうちには瀬木団長(瀬木裕哉・4年)がいるんで、とても心強いです(笑)」

 

初の関東選抜では関東の強さを実感


B:今年は学生選抜にも選ばれましたが、そこから学んだことなどはありますか?

「色んな上手い人を観て盗めるとこは盗む。下級生は自分と嶋田(嶋田基志・東海大・1年)だけだったんですよ。上級生が多くて、その人たちの色々な話も聞くことができたし、成長できましたね」

B:大阪であった学生選抜では楽しそうにプレーをしていたようですね。

「そうですね。まずは楽しもうっていうことをみんなで言っていたので。本当に楽しく出来たと思います。チームって感じがしたし、みんな友達って感じもしたし」

B:他のチームの選手と一緒のチームでプレーすることに関しては?

「やっぱり各チームのエースとか、得点能力のある選手とかが選出されるわけじゃないですか。スタートで出てる先輩たちを見てると心強いと思ったし、絶対に負けないだろうなっていうのをベンチで感じていました」

B:やっぱり関東は強いと感じましたか?

「そうですね。特に今回はジャパンのメンバーがいなくてもこの結果でしたからね。40点差くらいつけて勝ちましたし。本当に関東のレベルは高いと思いました」

B:同じ高校だった九州産業大の加納(加納督大)選手と楽しそうに話している場面があったみたいですが、選抜などで地元の選手と会えるのは嬉しいですか?
「そうですね。九州選抜には知り合いがたくさんいたんですけど、加納さんは自分が1年のとき、3年の先輩で良くしてもらっていたんですよ。加納さんとはユニフォームを交換しました。試合では準決勝で当たったんですけど、そのときは自分が成長した姿を見せてやろうって思って一生懸命やりました。当時は全然手の届かないような存在でしたからね」

次のページへ

 

   

 

 

 

 

学生選抜で加納選手と。
 
 

(C)copyright BOJ 2003-2007