●BOJ SHOKING

「BOJショッキング」は現役
選手の友達の輪をたどってイ
ンタビューを敢行する試みで
す。「え?この人からあの人
?」といった紹介があるかも
しれません。どのような交流
の輪が続いていくのか、お楽
しみに。

●LINE UP

2006年度
vol.1 高久順(法政大)
vol.2 酒井泰滋(慶應大)
vol.3 正中岳城 (青山学院大)
vol.4 喜多川修平(専修大)
vol.5 竹野明倫 (大東文化大)
vol.6 眞庭城聖 (日本体育大)

※文中の所属や経歴はインタビュー当時のものです。

 

 
 


BOJ SHOKING2006 vol.6

クールな表情に秘めた熱い闘志。
今後を背負う若きエース

眞庭城聖(日本体育大学)

 
 


福岡で育ったニューヒーロー

B:竹野選手からの紹介ですが、眞庭選手から見て竹野選手はどのような人ですか?
「スーパースターです。小学校の時から自分は知っていました」

B:竹野選手とは福岡つながりということで絡みがあったんですか?

「初めて喋ったのが、高校2年の国体のセレクションの時でした。喋ったのはちょっとだけなんですけど。それで、ちょっとだけ仲良くなりました。自分は高校2年の時はメンバーには入らなくて、3年の時に入りました」

B:福岡出身の選手は関東でも活躍していますね。福岡のバスケはどんな感じでしょうか?

「能力の高い人が多くいるので、レベルが高いです。全国でもベスト4には入りますからね。大濠(福大大濠)・第一(福岡第一)がいつも全国に行きますね。たまにうち(福翔)もベスト4で競るんですけど、結局負けていつもその2校が行くって感じです」

B:福翔高校出身ということですが、まだ関東ではあまりなじみがない高校ですね。
「そうですね。福翔からはまだ3人しか関東に出てきてないんです。しかも、前の2人は相当上の人たちなんで。JBLでは今はもう引退してしまったんですけど、篠原さん(元・東芝ブレイブサンダース)とか、三菱にいる浩太郎さん(藤本浩太郎)とか」

B:高校時代の自分のポジションは?
「5番でセンターをやっていました。でも、第一にティアノっていうセネガルからの留学生がいたじゃないですか。自分のセンタープレーでは高さ的にも絶対に通用しないので、3Pを打つようになりました。それで、練習してたらいつの間にか入るようになっていました」

B:福岡はミニバスからしっかりしているからレベルが高くなるんでしょうか?
「しっかりしている方だと思いますよ。それに九州は大濠などの強いチームがあるので、洛南とか北陸とか能代にみたいな九州以外の強豪にいかないで、九州のすごい人が集まってくるんだと思います」

B:眞庭選手が福翔に進学を決めた理由は?
「近いからです(笑)。家から教室まで5分でした」

B:高校時代はどのようなことを一番学びましたか?
「練習が結構きつかったんですよ。走ることや
シュートも。小・中は無名だったんで、高校で成長した部分がとても大きかったです」

B:バスケは小学校から始めたのですか?

「そうですね。小5のときからです。最初、弟がバスケをやってて、自分はサッカーをやっていたんです。キーパーだったんですけど、つまらなくて辞めたんですよ(笑)。それで、弟もバスケやってることだし、自分もやってみようかなって思い始めて」

B:サッカーからバスケに転向したっていう人、割と聞きますよ。
「そうですね。大きいからキーパーとかにされちゃうんですよね。バスケに転向して今は本当によかったって思います

次のページへ

 

   
眞庭城聖[まにわ じょうせい]
192cm/82kg/F。福翔高校→日本体育大学。長身から放たれる高確率の3Pは日本体育大のオフェンスの要。1年生時より出場機会を多く獲得し、成長してきた。
 
 

(C)copyright BOJ 2003-2007