●BOJ SHOKING

「BOJショッキング」は現役
選手の友達の輪をたどってイ
ンタビューを敢行する試みで
す。「え?この人からあの人
?」といった紹介があるかも
しれません。どのような交流
の輪が続いていくのか、お楽
しみに。

●LINE UP

2006年度
vol.1 高久順(法政大)
vol.2 酒井泰滋(慶應大)
vol.3 正中岳城 (青山学院大)
vol.4 喜多川修平(専修大)
vol.5 竹野明倫 (大東文化大)
vol.6 眞庭城聖 (日本体育大)

※文中の所属や経歴はインタビュー当時のものです。

 

 
 


BOJ SHOKING2006 vol.4

有名だった奴には負けたくない」。
悔しさをバネに成長を遂げた努力の男

喜多川修平(専修大学)

 
 


スプリングキャンプ、アメリカ、学生選抜を経験して

B:正中選手から回ってきたんですが、スプリングキャンプで一緒になったことで喜多川選手に色々な話を聞いてみたいということで紹介されました。喜多川選手自身はスプリングキャンプのように招集されたのは初めてでしたか?
「初めてですね。なので緊張していた反面、コーチからは『めちゃくちゃやってこい』って言われていたので、代表とかに入れなかったとしても自分の持ち味を出して全力を尽くせたら良いと言われていました。全力でめちゃくちゃやってきました」

B:スプリングキャンプを通して変わったところはありますか?
「プレーもそうですけど、体とかウエイトとかの重要性を感じました」

B:参加する前はウエイトなどはどれくらい力を入れていたのですか?
「ちょこちょこはやっていたんですけど、そんなにはやっていなかったです。合宿に行って本格的にやるようになりました」

B:一昨日までアメリカに行っていたとお聞きしました。アメリカにはどのような経緯で行くことになったのですか?
「機会があれば行きたいと思っていたんですよ。うちの監督に話して色々やってもらって行くことになりました」

B:向こうではどのようなことをやったんですか?
「今回はワークアウトっていうのがなくて、ジムに通って、午前中は筋トレしたりシューティングをして、午後はピックアップゲームをやりました。レベルが高いやつもピックアップゲームに来ていたんで、そういう面ではとても良かったです」

B:アメリカに行ってみて成果はどうですか?
「気持ちが相当変わったっすね。やる気が相当出ました」

B:向こうはバスケットに対する意識は高いですか?
「意識は本当に高いです。毎日の顔ぶれで筋トレとかやってるんですよ。だから仲良くなったりしました」

B:学生選抜にも入りました。今日は黒田電気と対戦しましたがどうでしたか?(7/1世田谷バスケットボールフェスタ)
「こういう関東選抜とかは初めてで、初日にしてはみんな楽しんでできました」

B:その前に集まりはあったんですか?
「全然ないです。今日が初めてです。今まで話したことなかった選手とも交流できて楽しかったです」

B:チームの雰囲気はどうでしょう?
「高久さん(高久順・法政大・4年)がいるんで(笑)。そこはなんとかなるっす」

B:今まで違うチームだった人とこうやってチームを組むことの一番良い部分ってどういうところですか?
「普段は敵として戦うじゃないですか。どういうプレーが得意かは大体わかるんですけど、一緒のチームでやったらもっと深くわかってくるし。今後の対戦でやりやすくなるかもしれないです」

B:今日、実際にやってみてどうでしたか?
「やりやすかったです。日大の斎藤君(斎藤崇人・日本大・3年)とはコート内でもコミュニケーションとったりできたんで良かったです。でも時差ボケで気持ち悪かったです(笑)」

次のページへ

 

   
喜多川修平[きたがわ しゅうへい]184cm/76kg。桐光学園高校→専修大学。昨年の新人戦でブレイク。勝負強いシューターで、ここぞという時に決めるシュートはチームには頼りになる。今期からはチームの中心として専修大を引っ張る立場にも立った
 
 

(C)copyright BOJ 2003-2007