Home    About us    History    Concept    Activity   Record   What's College Basketball?

 


 History

BOJについて

●BOJ発足
2002年1月、早稲田大学人間科学部の学生3名にてバスケットボールの活性化を目指しBOJが設立された。
元全日本ジュニアメンバーであり、当時早稲田大学バスケットボール部に所属していた麻生邦宏が盛り上がりに欠ける大学バスケットボール界を体感し、そこから日本バスケットボール界全体へのフラストレーションを感じていたことがきっかけだった。
注目したのは大学バスケット。日本のトップリーグJBLで活躍できる選手は一握りであり、さらに日本では「バスケットボールを見ること」が定着しているとは言い難い状況。このことが大学バスケットボール選手のモチベーションを下げているのではないか、という仮説の元、大学バスケットボール界の活性化に挑戦することを決意する。

●活動模索期(2002年度)
当初の目的には新リーグの設立という壮大な夢も含まれていた。理想のリーグにするために必要なこととして挙げていたクリニック開催や、競技以外の部分の活性化、他分野との融合、情報発信などの中で2002年度はできることから着手し、活動をスタート。

●活動方針形成期(2003年度)
初代代表を務めた麻生邦宏がBOJを引退。前年度まで「理想を追い求める団体」との見られ方が多かった中、「幅広く認知される団体」を目指しての活動に方針転換を行う。

●活動進展期(2004〜2006年度)
手探りで始めた取材活動を少しずつレベルアップさせていった進展期は、メンバーも最多時で6大学11名の在籍数になる。WEBを通じてBOJの認知度が高まったことが原因と思われる。ただし卒業などによるスタッフの入れ替わりも激しく、安定稼働、レベル統一を行うことが目標とされた。

●現在〜
第2期の主力スタッフが引退、少数精鋭となった中での新たな段階に入っている。



Record

2003年1月 「キワムボンバイエ」
当時の4年生(五十嵐圭、網野友雄、安斉竜三、小谷究ら)が企画した仲間うちでの試合(さよなら試合の前身)を開催。BOJは企画者から当日の運営、宣伝活動などを依頼され、キワムボンバイエ開催に協力。また、3月にもう一度試合を行うことをBOJが告知し、この場でBOJ主催のさよなら試合の開催が決定。

・2003年3月 第1回BOJ主催『B-1JAPAN4年生さよなら試合決定戦〜FINAL〜』を代々木第二体育館にて開催。 過去に例のないイベントの開催が各方面で波紋を呼ぶ。

・2003年4月
大学バスケ応援番組「Hoopish」(「スカパー!」内)制作サイドより取材協力依頼を受け、番組制作に携わる。大学関連のイベント、試合に際し選手インタビューを担当。

・2003年9月
「Hoopish」放送終了。「Hoopish」のweb版として情報配信を行うことで関東学生バスケットボール連盟より取材許可をいただき、取材活動を始める。

・2004年1月
第2回4年生さよなら試合「B-1JAPAN4年生さよなら試合〜GOLDEN GAME〜」を専修大学にて開催。
各大学監督にイベント主旨、イベント内容を説明して選手の出場許可を得る。また、正式に選手の出場を打診。
また、この頃より早稲田大学以外にもBOJに興味を持つ他大学の学生などが参加を希望し始め、幅広い人材が集まり始める。

・2004年4月
関東学生バスケットボール連盟においてBOJとして正式に取材許可をいただき、取材活動を開始。千登世橋中(豊島区)におけるクリニックも毎月一回の定期開催を行っていた。

・2005年1月
第3回4年生さよなら試合「B-1JAPAN2004〜KIMOCHI〜」を、JBL大塚商会アルファーズの公式戦内のイベントとして代々木第二体育館で開催。全体の入場者は概算で1600名を超える。

・2005年8月
早稲田大学バスケットボール部にご協力いただき、早稲田大学記念館にて「早稲田クリニック」を開催。松渓中学、笹塚中学が参加。

・2005年9月
関西在住の学生より関西の大学をレポートしたいという希望があり、秋期リーグ戦にて関西学生バスケットボール連盟の許可をいただき、試験的に関西リーグの情報を掲載(現在はスタッフがいないため休止)。

・2006年1月
第4回4年生さよなら試合「B-1JAPAN2005〜huddle〜」を青山学院大学青山キャンパスにて開催。
その後「さよならクリニック」としてさよなら試合出場選手をコーチとして招き、高円寺中学にてクリニックを開催。

・2006年6月
早稲田大学の選手をコーチに招き、千登世橋中学(豊島区)にてクリニック開催。

・2007年1月
第5回4年生さよなら試合を、青山学院大学青山キャンパスにて開催。
「バスケットボールジャパンTV」においてネット配信。

・2007年3月
松渓中(杉並区)にてクリニック開催。

・2008年2月
第6回4年生さよなら試合をトヨタ府中スポーツセンターにて開催。
「バスケットボールジャパンTV」においてネット配信。

・2008年3月
高円寺中(杉並区)にてクリニック開催。

・2009年1月
第7回 4年生さよなら試合を国士舘大学にて開催。

参考:2005年BOJ総会資料より

 

 
 
 

(C)copyright BOJ 2003-2011