BOJ ROOKIE'S FILE2007 LINE UP

vol.1 オーティス永井>2>3
  (拓殖大)

vol.2 金丸晃輔>2
  (明治大)

vol.3 小林純也×
   橋本竜馬×
   湊谷安玲久司朱
>2>3

  (青山学院大)


vol.4 養田達也・
    三澤貴弘・
   中務健治・
    多嶋朝飛

  (東海大)


vol.5 岩下達郎×
    酒井祐典×
   二ノ宮康平
>2>3

  (慶應義塾大)

特集FINAL
vol.6 篠山竜青>2
   (日本大)

 

 

 
 
BOJ ROOKIE'S FILE2007 vol.6

 

ルーキーのトリを飾る今年度新人王。
アグレッシブなプレーと
物怖じしない性格が魅力。

篠山竜青(日本大学)

 
 

 

新人戦は準優勝ながらアグレッシブなプレーで新人王を獲得。
「見てて面白いバスケットをやらないと大学も人気は出ないと思うんですよ」と、語る姿はまだ1年生らしい若々しさの中に気概に満ちている。


バスケをやめたいと思ったミニバス時代から、
スタープレイヤーへ成長


−バスケを始めたきっかけは?
「兄と姉がいるんですけど、2人ともバスケやってて母もコーチなんです。だから小さい時から体育館に親について行くし、自然に親しみますよね。でもそのチームの監督さんがすごく怖い人で、『僕は絶対やらない』って言ってたんですよ。でも仲のいい友達が『一緒にやろう』って言うので始めました。でも厳しくて何回も泣いたし、何回も『やめたい』って言ってましたね。ミニバスの時は(笑)」

−でも続けていた。
「でも小2ぐらいからウインターカップは見に行っていたし、田臥選手なんかも見ていましたよ。鵜沢選手(三菱・当時は日体大)に家の近くで会ってサインをもらおうとしたこともあります。だから、高校1年で初めてウインターカップに行った時、それまで見てきた選手とか、試合の思い出にひたっちゃってプレーどころじゃなかった(笑)」

−北陸進学は?
「ちょうど知人に北陸の関係者がいてたまたま僕のビデオを見て、というきっかけです。特に小さい時すごい選手だったという訳ではないんですけど」

−北陸といえば篠山選手が3年生の時のインターハイが印象に残っていますね。優勝ですし。
「あまり注目はされてなかったとは思いますけどね。でも日頃の私生活から違っていたし、まじめにバスケットに取り組んでいるという点ではどこの学校にも負けないなという自信はあったんですよ。そこが勝利につながるかはどうかは分からないですけど、そういう地道な我慢みたいなところが出るんだなって思いました。あの時は朝飛(多嶋朝飛・東海大)がすごかった。僕ももうちょっと目立ちたかったですね(笑)。卒業する時にいつも監督の津田先生が色紙を書いてくれるんですけど、毎年『日々、努力』なのに僕らの年だけ『インターハイ優勝ありがとう』と書かれていて、それはうれしかったです。そこはいつも徹さん(篠原徹・北陸から日大に進んだ先輩)に自慢してます(笑)」

−でも同じ代の北陸の仲間もうまく大学でチームになじんでいるように思いますね。1年生なのに井出選手なども早稲田でプレータイムをもらっているし。
「北陸のバスケットは本当に基本的なことしかやらないんですよ。でもバスケットの知識はどんどん先生からもらえるので、吸収していけば次のステップに進んだ時に対応しやすいと思います。変なシステムじゃなくてシンプルなバスケで、基本的なことができていると思います」


>>NEXT

     
篠山竜青[しのやま りゅうせい]
175cm/65kg/G。北陸→日本大。
辰年生まれにちなんで「竜」の字を使い竜青と名付けられた。 見てもらいたい、見て面白いと思ってもらいたいという気持ちは強く、そうしたところもプレーに表れている。攻め込んでいく気迫は見ていて小気味いい。
   
 
積極的に仕掛ける。
   
 

(C)copyright BOJ 2003-2007