BOJ ROOKIE'S FILE2007 LINE UP

vol.1 オーティス永井>2>3
  (拓殖大)

vol.2 金丸晃輔>2
  (明治大)

vol.3 小林純也×
   橋本竜馬×
   湊谷安玲久司朱
>2>3

  (青山学院大)


vol.4 養田達也・
    三澤貴弘・
   中務健治・
    多嶋朝飛

  (東海大)


vol.5 岩下達郎×
    酒井祐典×
   二ノ宮康平
>2>3

  (慶應義塾大)

特集FINAL
vol.6 篠山竜青>2
   (日本大)

 

 

 
BOJ ROOKIE'S FILE2007 vol.1
 
 


もっとパワーあるプレイを

−なぜ拓大に進学したのですか?
「池内さんが、ずっと自分の試合を観ていたと言ってくれて。やっぱり、俺をほしいって言ってくれるところに行きたいなって思って」

−池内監督のもとでバスケをやるということはどうですか?
「やりやすい。シュートも少し入るようになったし、プレーのビジョンも広くなった」

−色々なポジションを経験することによってビジョンも広がりますよね。
「そう。でも、今はセンターだけど、4年生になったらまた3番とかでやりたい」

−その為には、池内監督にビックマンを連れてきてもらうように頼まなければなりませんね。
「そう(笑)」

−拓大バスケ部の雰囲気はいかがですか?
「リラックスしてる。拓大も延学みたいで、先輩後輩がない。先輩のことは、「〜さん」って呼んで、あとは普通に話す。練習も楽しいし、みんないい人ばっかり(笑)」

−応援席からも「オーティ!」という声がたくさん聞こえますよね。
「そう。だから、ベンチにいると笑っちゃう(笑)。たまに言ってることが面白くて。さすが拓大と思う」

−今まで戦ってきて、「ここは強いな」と思った大学はありますか?
「青学、早稲田、慶應かな。インサイドだけ強いってわけじゃなくて、全体的に強いと思った。京王杯でこの3つのチームとやって、全部勝てそうだったけど負けた。ディフェンスを色々頑張れば、勝てたと思う。だから、4年までにはこの3つを全部倒せるような強いチームになって、1部に上がりたい」

−現段階でチームに求められていることは何だと思いますか?
「リバウンドとか、インサイドを頑張ること。周りが打って、そして「オーティが取ってくれるから」と思われてるから、とにかくリバウンドを頑張ることだと思う」

−日本とアメリカのバスケットの違いは何かありますか?
「日本の選手はあんまりパワーがない。いつもファウルして、すぐキレて、それで力強いプレーしてきて、ファウルになる。でも、力強くプレーしてきた時のファウルは俺は普通だと思ってる。もっとパワーでやってきて欲しいです」

−大学に来た今でもそう思いますか?
「そう。パワーでは負けない(笑)」

−「日本のバスケットはもっとこうしたらいいのに…」と思うことは?
「うーん…なんて言うんだろうなぁ。もっと色んな人に「バスケ楽しいよ」っていうことを伝えて、呼んで、大学の試合でももっと人が来てほしい。高校の時はたくさん人が来てやる気も出たし、楽しかったけど、大学の試合は人が少ないからちょっと残念。もっとたくさんの人に来てほしい」

−やはり、お客さんの入りというのは自分のモチベーションに関係したりするのですか?
「高校の時から全国大会でやらせてもらって、その度にたくさん人がいたから「よし、頑張ろう」っていう気になったけど、大学はあんまり人が来ないから…。相手が強かったら、「頑張ろう」って思うけど、そうじゃないとモチベーションが上がらない」

−大学バスケで実際にプレーして感じたことは?
「みんな身長が大きい。高校のときだったら、俺の身長だったら4番とか5番だけど、大学だと2番とか3番やってる選手がいるし、そこが違う。でも楽しい」

−スピードも違う?
「そう。かなり違う。最初、拓大の練習に行った時はすぐ息が上がっちゃって、全然だめだった。今は少しずつ慣れてる」

−拓大は大きくて走れる選手が多いですからね。
「これからもっと走ることに慣れていかないと、多分試合に出られなくなると思う。だから頑張らなきゃいけない」

−でも、春先の試合を見てみるとインサイドはオーティと小野選手(小野勇太・1年)に任せているような気がします。
「そう。でも、高校の時はインサイドとかポストでパプと合わせてたけど、こっちではセンターだから。初めてのポジションだから、インターネットでNBAの試合見たり、勉強してる」

−センターの経験はないんですね。
「そう。高校のときはパプがいたし、アメリカのときは3番をやることが多かったから」

−ライバルはいますか?
「ライバルってわけじゃないけど、ジャパンで一緒だった金丸、アレック(青学大・湊屋)には負けたくない。今日、金丸についたけどすごい必死になってやった。ジャパンのチームで一緒だった人たちには負けたくない」

−ジャパンで学んだことは何ですか?
「コミュニケーションの大切さ。練習以外でも、一緒に遊んだり、ばかなことやったりすることで、たくさん話もするし、仲良くなるし、それが試合にも出る。話した分だけ、試合にもそれが出ると思う」


<<BACKNEXT>>

 

   
拓殖大はトーナメント、新人戦ともにベスト8に食い込む。オーティもその原動力となった。

新人戦ではジャパンの仲間、湊谷(青学大)とも対戦。

ドライブなどは積極的。今後はインサイドのプレイが課題。
 

(C)copyright BOJ 2003-2007